ゴムという特殊な材料を
研究開発し
世界基準の製品へ

VOICE.02
防振技術部防振技術課 / 2017年入社
私の仕事は、お客様の求める品質に見合うゴム材料を研究・開発し、製品の試作・試験を行うことです。あわせて、従来品の性能向上を目的とした原料の見直しや改良、コスト面での調整なども行っています。自分が研究・開発したゴム材料が「製品」となった姿を見るのは感動です。なにしろ私は入社1年。このわずかな経験でも意見を求められたり、アイデアを取り入れてもらったり、活躍の場を与えられる機会は多く、モチベーションが上がります。研究職に就きたいという理由で当社を選びましたが、ゴムについての知識はありません。入社してからが勉強でしたが、独特な素材は研究対象としてとても興味深いものです。今、世界と渡り合える研究者を目指し励んでいます。

先輩からのメッセージ

世界レベルで環境に配慮したゴム材料の開発が求められる時代。数々の問題をクリアするための試行錯誤は、製品に辿り着いたときに喜びと達成感に変わります。ただし、ステップごとの小さなものから最終的なものまで目標設定ができ、そこに着実に向かって行ける人でなければ、この仕事は務まりません。研究・開発というと堅いイメージですが、部署内はもちろん会社全体に温かみがあり、いい意味でのギャップも魅力です。働きやすい職場です。